①着衣水泳指導に向けて
黒リクルートスーツ(25分)

まずは、プールサイドでシャワーを少しずつ浴びていきます。その後プールの縁に座って水を自分に向かってかけていきスーツを濡らしていきます。そして、ある程度したらプールの中に入り歩行します。泳ぐ前にスーツがずっしり濡れた状態に体を慣らします。水に慣れたら平泳ぎ、クロールをジャケットを着たままの状態で行います。プールの浅瀬に移動して水の中で色々なポーズでストレッチをしたり、立ち上がったりして濡れたスーツ姿で体がどのような感覚かを確かめます。着衣水泳指導の内容を一通り確認した後は、プール脇にある大浴場でくつろぎます。浴槽の中で体を浮かせていると、モデルさんはそのまま寝てしまいそうなほどリラックスできたようです。

 

②教育実習生時代の記憶

黒リクルートスーツ(24分)

プールサイドで腹筋などのストレッチを行っていると、どこからともなくスーツにシャワーの水が降り注ぎます。仰向け、うつ伏せの状態で、スカートもジャケットもまるで雨に打たれたかのように濡れていきます。はじめはプールの浅瀬に座って徐々に水に慣れていき、水の冷たさに慣れてきたら、何度ももぐってスーツのまま水中にいる感覚を体験します。プールサイドに座って水かけをして遊んだりしながら、スーツ着用でずぶ濡れになる楽しさを味わいます。その後、ビート板を体の下に入れて水面に体を浮かせる練習です。濡れたスーツのジャケットやスカートとプールの水面のコントラストが素敵です。次にプールサイドに寝ころんだ状態からそのままプールにドボンと落ち、着衣水泳を行います。モデルさんが最も得意な平泳ぎをしてもらいました。着衣水泳を終えてプールに上がると、スーツのジャケットやスカートの裾から水が勢いよく滴り落ちてきました。

 

③明日に迫った着衣水泳指導

チャコールグレーリクルートスーツ(22分)

プールサイドでシャワーを軽く浴び、水を身体にかけて水に慣れていきます。平泳ぎをしたり、水中歩行をしたりと着衣水泳指導のための練習の総仕上げを行います。泳ぎに疲れたらプールの浅瀬に移動してストレッチをし、水浴びをしながらリラックスします。そして、スーツのまま水の中にいると、どのくらい動きにくいのかをチェックします。着水水泳指導をする立場としてはこの感覚をしっかりと身体で覚えておかなくてはならないのです。最後はジャケットを着た状態との比較のために、ジャケットを脱いで上半身はブラウス姿になって平泳ぎをします。下着がうっすら透けて見える様子がセクシーです。泳ぎ終わってプールサイドへ上がると、ブラウスやスカートからは水が勢いよく滴り落ち、ブラウスやスカートの生地が肌にぺったりと張り付いていました。

【ブルーレイ】女教師の着衣水泳指導(商品番号 DW21)

¥6,000価格
  • 【収録時間71分】

    ①着衣水泳指導に向けて
      黒リクルートスーツ(25分)
    ②女教師の着衣水泳指導
      黒リクルートスーツ(24分)
    ③明日に迫った着衣水泳指導
      チャコールグレーリクルートスーツ(22分)

     

    スーツを凛と着こなした女教師が教育実習生の女子学生の着衣水泳指導のために一人熱心に練習に励むというストーリー設定です。黒やチャコールグレーのスーツに身をつつみ、シャワーを浴びたり、水中歩行をしたり、着衣水泳をしたりします。ずぶ濡れになったスーツ姿や着衣水泳を終えてプールサイドに上がる際にスーツのジャケットやスカートの裾から水がしたたり落ちる様子などを堪能できる作品となっています。