①泥まみれの気晴らし(30分)

就職活動が思うようにいかず悩んでいる絵里子。ある日、面接の帰りに自宅周辺の田畑を眺めていると子供の頃のことを思い出し、泥んこ遊びをしていまの晴れない気分をすっきりさせようと考えます。ある日の朝、うまくいかない就職活動に別れを告げるべく、何度も着用してよれよれになったリクルートスーツを着て近所の休耕田に向かいます。田んぼに着くと、早速泥の中に足を踏み入れます。後先考えず泥を手ですくってはスカートやジャケットに塗り手繰っていったり、泥の中で寝転んだりうつ伏せになったり、這ったりして子供のころに戻ったように気の赴くまま泥んこ遊びを楽しみます。

 

②内定祝いの泥んこ遊び(33分)

今就職活動で無事内定をもらった絵里子は、ある日、自分へのご褒美として内定を決めた時のリクルートスーツを着て「内定祝いの泥んこ遊び」をします。田んぼに入ると走り出し、豪快に田んぼにダイブします。あっという間にリクルートスーツは泥だらけになってしまいます。泥の中で寝転がったり、匍匐前進したりして泥んこ遊びを楽しみます。途中で動きやすくなるためにジャケットを脱いでブラウス姿でも遊びますが、ジャケットを着ているのか脱いでいるのか分からないほどに泥がべっとり付いている状態になってしまいました。

屋外泥んこ作品集⑪~就活女子の泥との戯れ~(商品番号 DM20)

¥5,000価格
  • 【収録時間63分】
    ①泥まみれの気晴らし(30分)
    ②内定祝いの泥んこ遊び(33分)

    就職活動中の女子大生が、ある日、面接の帰りに自宅周辺の田畑を眺めていると子供の頃のことを思い出します。そして、泥んこ遊びをして今の晴れない気分をすっきりさせようと考え泥んこ遊びを実行に移すという「泥まみれの気晴らし」と内定獲得後に自分へのご褒美として内定を決めた時のリクルートスーツで泥だらけになっていく「内定祝いの泥んこ遊び」の2つのストーリーが収録されています。