①チャコールグレースーツ(31分)

最初は水に慣れるためにプールサイドをゆっくり歩いてもらいましたが、慣れてきたら肩まで水に浸かってもらったり、桶ですくった水を同行スタッフにぶっかけてもらったりして、リクルートスーツをこれでもかというくらいずぶ濡れにしていきます。それでも暑くて大変そうだったのでジャケットを脱いでもらってブラウス&タイトスカート姿でプールの中で遊んでもらいました。下着がスケスケで、しかも第一ボタンをはずしてもらったので胸の谷間が見え隠れしてセクシーでした。最後は上から滝のように水が流れ落ちるスポットで、滝行のように頭から水を浴びてもらいました。

 

②黒ビジネススーツ(15分)

人気のリゾート地から多少離れた人気があまりない小浜で撮影しました。モデルさんにはオーソドックスな黒の2釦リクルートスーツを着てもらいました。タイでは着衣で海水浴するのが一般的であり、水かけ祭りなどのイベントも色々多いので服のまま濡れることに抵抗はないものの、スーツというのはフォーマルな場合を除いては着る機会がないとのことで、「濡らしてもいいの?」といった感じで、最初のうちは濡れるのを躊躇するのですが、そのしぐさが何ともかわいらしいです。「ゴー」とプッシュすることで、ようやくスーツを海水で濡らしたり、波打ち際で寝転がったりしてくれました。(笑)ジャケットを着ていてかなり暑かったようですが、スーツのままずぶ濡れになってクールダウンすると丁度良い按配になったようです。最終的にはジャケットを脱いでもらいましたので、下着が透けて見える様子など、セクシーなシーンも満載です!

 

③黒ビジネススーツ(20分)

プールとビーチでの撮影を終えた後、ホテルへと移動し、部屋のバスルームで撮影開始です。モデルの経験がまったくない現地の素人女性とうこともあり、屋外で2シーンの撮影をしただけでもかなり疲れていたようです。しかし、「このシーンが最後!」ということで、残っている力を振り絞って着衣入浴に挑戦してもらいました。まずは椅子に座って読書をしているところからスタートします。スラリとのびた脚がセクシーです。そのままバスタブの中に移動し、まずはシャワーをスカートからジャケットというように下から上に濡らしてくれました。シャワーを浴びているうちにバスタブにはお湯が程よくたまってきたので、いよいよモデルさんにとって「初めての着衣入浴」を体験してもらいます。スーツを着たまま入浴したり、頭からシャワーを浴びたりします。何ともいえない表情から「変な感じ・・・」という率直な感想が伝わってきます。(笑)その後、体が温まってきたのでジャケットを脱いだ状態で入浴してもらいます。最終的には、透けブラにとどまらず、バスタブの中でブラウスとスカートも脱いでしまいます。最後は、タイの女性のパンストの穿き方にカルチャーショックを受けます。(笑)

常夏の国で(商品番号 DW20)

¥6,000価格
  • 【収録時間66分】

    ①黒ビジネススーツ(31分)
    ②チャコールグレースーツ(15分)
    ③黒ビジネススーツ(20分)

     

    オフィスレディースペシャル初の海外撮影作品です。「プール編」「ビーチ編」「バスルーム編」の3部作からなります。常夏の国「タイ」でスカウトした素人女性が日本では見られない豊かなロケーションでウェットワールドを繰り広げます。