①就活女子の息抜き(26分)

絵里子は就職活動をしており、今は中学教員免許の取得のために教育実習中です。ある日、学校では数年前から着衣水泳を行うことを知ります。水難事故から身を守るために実施されているのです。しかし、今年は人の密集を避けるためにプールの使用ができなくなり、生徒も教師も自宅で「着衣入浴」をし、そのレポートを課題として出されました。生徒は制服のまま、教師は通勤で着ている服のままお風呂に入り、濡れた服を着たまま水の中でどのような動きがとれるか、また、どのような感覚なのかをレポートする必要があります。絵里子はこの非日常的な体験を友達と一緒に行うことに決め、露天風呂のある施設に行きます。そして、教育実習で着用しているリクルートスーツのまま着衣入浴をします。ジャケットを脱いだ時はお風呂の中でも動きやすくなり、意外に気持ち良く感じます。また、ストレス解消にもなることを実感するのでした。

 

②着衣入浴リモート実習(21分)

絵里子は教員免許取得の一環として母校の中学で教育実習中です。着衣入浴のレポートの内容が優秀と言うことで、特別に再度課題を出されます。今回はジャケットを脱ぎブラウスとスカート姿で着衣入浴することになり、これをリモートでライブ配信しベテラン教師にレポートすることにします。リモート実習当日、彼女はライトグレーのタイトスカートにサックスのブラウス姿で浴室に登場し、早速、レポートを開始します。スカートやブラウスが濡れた時の感覚や、着衣の体への張り付き具合など詳細をレポートします。実習中、絵里子は自分の言葉で感じたことを率直に語り続けています。

 

③講義後のひととき(11分)

母校の中学で実施されている約1ヶ月に及ぶ教育実習も佳境に差し掛かってきました。絵里子はこの実習中に「着衣入浴」という体験をしたことが一番の収穫だと思っています。ある日の講義実習の後に何度も着衣入浴を体験した「ある場所」へと向かいます。リモート実習で着衣入浴のレポートを具におこなったときのように、リポーター気分で一人で何やら語りながらスーツを少しずつ濡らしていきます。先ほどまで生徒たちの前で着ていたライトグレーのスーツのままずぶ濡れになって癒されていきます。そして、途中でジャケットを脱いでみると下着がはっきりと透けて見えてしまいます。絵里子は陶酔感に浸りながら着衣入浴を心行くまで楽しみます。

教育実習生の着衣入浴(商品番号 DW32)

¥6,000価格
  • 【収録時間58分】
    ①就活女子の息抜き(26分)
    ②着衣入浴リモート実習(21分)
    ③講義後のひととき(11分)

    学校の先生を目指して教育実習に臨む就活女子大生:絵里子の物語です。母校中学での教育実習の一環としてプールでの着衣水泳が今年はできないという社会環境の中、着衣入浴の課題を出されたことをきかっけに着衣入浴の楽しさに目覚めてしまいます。「就活女子の息抜き」「着衣入浴リモート実習」「講義後のひととき」の合計3つのストーリーを収録しています。