①黒リクルートスーツ編(21分)
~着衣水泳部への体験入部①~
大学に入学して間もない女子学生が「着衣水泳部」という極めて珍しい部活動の体験入部に参加するというストーリー設定のウェット作品です。まずは、黒のスーツでプールサイドに立ち、入水前の準備体操をします。その後、自分に向かってプールの水をバシャバシャとかけ、いよいよプールの中に入ります。着衣の状態でプールの中にいることに体を慣らしていきます。慣れてきたら泳ぎ始めるわけですが、カナヅチであるため、まったく泳げません。しかたないので、ビート板を用いてバタ足で進む練習をしたり、水中歩行をしたり、素潜りをしたりと、プールの水にもっと慣れ、水に対する恐怖感を取り去ることに集中します。

 

②ライトグレーリクルートスーツ編(19分)
~着衣水泳部への体験入部②~
「着衣水泳部への体験入部①」の続編です。大学に入学して間もない女子学生が「着衣水泳部」という極めて珍しい部活動の体験入部に参加するというストーリー設定のウェット作品です。モデルさんはライトグレーのスーツを着用します。まだ水への恐怖心が完全に除かれていないということもあり、もっと水に慣れる必要があります。ただ、プールの中を歩き回るだけでは飽きてしまうので、ちょっとゲーム的な要素を採り入れます。プールにいくつかのボールを投げ込んで、それを一つずつ拾い集めるというものです。これを2セット繰り返します。隣のレーンのボールを拾うときは、コースロープの下を潜って行き来します。水中から顔を出すたびに顔を手で覆って水を払いのけるしぐさが初々しいです。時々、ボールを置きにプールサイドに上がる時がありますが、その時は、ジャケットやタイトスカートの裾から水が勢いよくしたたり落ちます。ボール拾いゲームを終え、水にかなり慣れてきたところで、スイミングゴーグルをつけビート板を使って、顔を水につけながら泳ぐ練習をします。

 

③濃紺リクルートスーツ編(21分)
~着衣水泳部への体験入部③~
「着衣水泳部への体験入部②」の続編です。大学に入学して間もない女子学生が「着衣水泳部」という極めて珍しい部活動の体験入部に参加するというストーリー設定のウェット作品です。このシーンではモデルさんは濃紺の3ボタンスーツを着用します。最初はプールサイドで水風船遊びをします。最初はなかなか水風船が割れませんが、ある仕掛けをすることいよって割れる確率が高まり、あっという間にスーツはずぶ濡れに!ずぶ濡れになったら怖いものはありません。(笑)躊躇なくプールの浅いところでお尻をついて座って水浴びをします。その後、プールに入って何度も潜ったり、ビート板を使って泳いだりします。さすがに一日中泳ぎまくっていたので、正真正銘、カナヅチのモデルさんも、ビート板を使えば何とか様になるように成長するとともに、ウェットの楽しさをより理解してくれるようになりました。

着衣水泳部への体験入部(商品番号 DW15)

¥6,000価格
  • 【収録時間61分】

    ①黒リクルートスーツ編(21分)
    ~着衣水泳部への体験入部①~
    ②ライトグレーリクルートスーツ編(19分)
    ~着衣水泳部への体験入部②~
    ③濃紺リクルートスーツ編(21分)
    ~着衣水泳部への体験入部③~

     

    大学に入学したての女子学生が「着衣水泳部」という珍しい部活動の体験入部に行くという設定です。大学の入学式で着用したスーツや塾講師のアルバイトで使っているスーツを着て着衣水泳を試みます!ガチでかなづちであるモデルさんは水に慣れるためにプールの中を歩いたりボール拾いゲームをしたりします。さらには潜って水への恐怖心を取り除く訓練もします。慣れてくるとビート板を使って25メートルプールを端から端まで泳げるようになりました。徐々にウェットの世界にいざなわれていきます。